かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

福島から沖縄へ雪のプレゼント



最近何だか福島県が変だ。
同情はするが…痛みを分かち合うとは意味が違う。




 福島から沖縄へ冬の贈り物です。福島県の雪だるま親善大使が浦添市の小学校を訪問し、雪をプレゼントしました。沖縄の子どもたちに雪を届けにやって来たのは、福島県猪苗代町の雪だるま親善大使です。

 大使の森川恵さんはそりや雪合戦など、雪の楽しみ方を紹介。浦添市の神森小学校の児童たちも雪だるま親善大使をエイサーなどで歓迎しました。

 お待ちかねの雪が登場すると、雪だるま大使も巻き込んで大騒ぎに!児童らは「雪合戦!」「めっちゃ冷たい!」「柔らかくてとても冷たいです」と嬉しそうです。それを見ていた雪だるま大使は「すごいですね」「楽しくできて良かったです」と話しました。

沖縄の子どもたちのはしゃぎぶりに、雪だるま大使も少しびっくりしているようすでした。

(琉球朝日放送)




何故だ…狂ってる。
おかしいだろ…。




かわる世界…かわれ世界。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/89-40a19a5f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。