かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

知事「自首するやついないのか」 東電を激しく批判




盗電庇護のどこぞの老害都知事に聞かせてやりたい。



 埼玉県の上田清司知事は13日の記者会見で、4月から企業向け電気料金を値上げする東京電力について「これだけ満天下に迷惑をかけて誰ひとり警察のご厄介にもなっていない。自首するやつはいないのかと言いたい」と、激しく批判した。
 上田知事は例として「ガスタンクが爆発すれば御用になるし、デパートが火災になっても御用になる」と述べ、福島第1原発事故の刑事責任を取らないまま値上げを検討する東電への不満を爆発させた形だ。
 また「詳細を明らかにしないまま値上げの金額だけ決めるという乱暴な手続き。散々節電の協力を強いられてきた人に極めてむごい仕打ちだ」として、値上げを延期すべきだとの考えを示した。
(共同)



上田清司知事…よくぞ言ってくれた。




かわる世界…かわれ世界。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/88-ff60723c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。