かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

言葉。



明けましておめでとう御座位ます。
今年も美しい国でありますように。





賀正





1月 睦月(むつき)
人々が仲睦まじく親交を深めること


2月 如月(きさらぎ)
寒くなり、衣類をさらに重ねて着る【衣更着(きぬさらぎ)】


3月 弥生(やよい)
草木が生い茂る【弥生(いやおい)】


4月 卯月(うづき)
卯の花(空木(うつぎ)の花)が咲く頃の意。
十二支の4番目である【卯(う)】


5月 皐月(さつき)
耕作を表す古語【さ】
早苗を植えることから早苗月(さなえづき)から転じたともいわれる。
神にささげる稲をあらわす【皐】の字があてられた。


6月 水無月(みなづき)
【無】は【無い】ではなく【~の】と同じ連体助詞の【な】をあらわす。
田に水を引くことから【水の月】という意味での【水な月】


7月 文月(ふみづき)
7月7日の七夕に書道の上達を願って、短冊に詩歌を書いたり、
書物を夜風にさらす風習から【文披月(ふみひらきづき)】
稲穂が膨らむ時期【穂含月(ほふみづき)】【含づき(ふくみづき)】
稲穂の膨らみを見る時期【穂見月(ほみづき)】


8月 葉月(はづき)
木の葉が紅葉して落ち始める”葉落ち月(はおちづき)】
稲の穂が張る【穂張り月(ほはりづき)】
雁が初めて来る【初来月(はつきづき)】
台風が多く来る【南風月(はえづき)】


9月 長月(ながつき)
夜が長くなる【夜長月(よながづき)】


10月 神無月(かんなづき)
【無】は【無い】ではなく、【~の】と同じ連体助詞の【な】をあらわす。
神を祭ることから【神の月】という意味での【神な月】
全国の神々が出雲大社に集まって、国々を留守にする「神なき月」
出雲(現島根県)では、反対に【神在月】【神有月】ともいわれる。
雷の鳴らない頃【雷無月】
収穫した穀物から酒を醸す頃【醸成月】


11月 霜月(しもつき)
朝霜が降りる頃【霜降月(しもふりつき)】
【食物月(をしものつき)】
【摺籾月(すりもみづき)】


12月 師走(しわす)
僧侶が仏事のためにあちこちへ忙しく馳せ参じる頃【師馳す(しはす)】
年末なので【歳果つ(としはつ)】
物事をなし終える頃【仕果つ(しはつ)】





やはり日本語は良いですね。
平安でありますように。







かわる世界…かわれ世界。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/78-a5b3d2f9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。