かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

福島原発から1,000キロ離れた長崎でも飯館村なみの高濃度放射能汚染




一瞬、耳を疑った。
…信じたくなかった。





長崎で1ヵ月後、高数値福島原発放射性物質を調査 広島で報告


12年1月26日
 福島第1原発から約千キロ離れた長崎市の大気観測所の吸引調査で、事故1カ月後に高い数値の放射性物質が確認されていたことが分かった。広島市南区の広島大広仁会館で25日にあった同大原爆放射線医科学研究所(原医研)の国際シンポジウムで長崎大の高辻俊宏准教授が報告した。

 高辻准教授は事故後、1週間ごとに装置で吸引した空気や吸引口のろ紙の付着物のセシウムの量を調査。2011年3月23日から7月27日までの結果を報告した。

 4月6日からの週が特に高く、ろ紙に付着したちりなどのセシウム134の濃度は福島県飯舘村の土壌に相当する1キロ当たり1万1300ベクレルだった。

 高辻准教授は米海洋大気局のデータから、4月6日は日本列島の南側を半円を描くように風が東北から九州に達していたと指摘。福島からの放射性物質と推測した。

 高辻准教授は「大気中の数値は低くても、空調機のフィルターなどには放射性物質が集積し高くなる可能性がある」と指摘した。  シンポジウムは26日もある。(金崎由美)


「中国新聞 2012年1月26日朝刊掲載」





空は一つで繫がり、放射能は女子供老若男女、無慈悲なまでに差別することなく降り注ぐ。
福島原発から1,000キロ離れた長崎でも飯館村なみの高濃度放射能汚染。
程度の違いはあれ、ここ迄とは。
少なからず覚悟はしていたが、やはり動揺を禁じ得ない。
西日本の米、野菜、水、万遍なく汚染されているということに気付いている人がどれほどいようか?
この先、死ぬまで放射能の恐怖と闘っていかねばならぬ日本人、どれほどの人がその覚悟を受け止めているのだろうか?
騒音箱でしかないTVでは今なお、お笑い番組やバラエティ等の低俗で陳腐な情報を垂れ流しているらしいが…。

判ってますか?
このままでは…あなたの友人が、家族が、愛する人が、大切に想う人達が死ぬんですよ。

没落の日。
「斜陽」この言葉が今の日本なのだ。





かわる世界…かわれ世界。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/74-7aac2d5e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。