かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

喉元過ぎれば熱さ忘れる。



客観的行為



東電が工程表を無視している事実と
すべての生命の環境を危険にさらす
汚染がれき処理法案を
成立させた政治システムが存在する事実から
市民は電気料金と税金を支払う義務はない。
そして
それらを報道しないし
批判しないNHKと契約する義務はない。
これらは個人ができる客観的行為だ。




【犬のしっぽ】梶川泰司さんのお言葉です。




…無かった事にはさせない。




かわる世界…かわれ世界。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/41-edab383f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。