かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

細野大臣 最終処分場は県外で



「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」って!?





細野


自民党の山本拓から執拗に「モナリザはいくらですか」というヤジを飛ばされた過去を持つ男。
民主党は何故?こんな不貞で不誠実な男を、何度も大臣にしてしまうのだろうか?
…こんな下衆の吐いた言葉を、国民の誰が信じるだろうか。





原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや土壌の最終処分場について細野環境大臣は4日の会見で「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮だ」と述べ、福島県以外に設けたいという考えを示しました。
これは4日行われた就任会見で、細野環境大臣が明らかにしました。原発事故で放射性物質に汚染されたがれきや放射性物質を取り除く除染作業で出た土壌などの処分をめぐっては、先月、菅前総理大臣が福島県の佐藤知事に対し、一時的に管理する中間貯蔵施設を県内に整備する方向で検討していることやその施設を最終処分場にすることは考えていないという意向を伝えています。
4日の会見で細野大臣は、中間貯蔵施設について「具体的な場所や保管しておく期間については地元の理解がなくては進めることができない」と述べ、施設を設ける場所などについては今後、地元と十分話し合ったうえで決めたいという考えを示しました。
また、最終処分場については中間貯蔵施設とは別だという認識を示した上で、「福島の痛みを日本全体で分かち合うことが国としての配慮ではないかと思っている。福島を最終処分場にはしないということは方針としてできる限り貫きたい」と述べ、福島県以外に設けたいという考えを示しました。

【 NHK 09月04日 16時42分 】





ガン細胞をまき散らす、底知れない馬鹿。
「痛み」ってなんだ絶望大臣。
             




かわる世界…かわれ世界。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/32-01b31f83
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。