かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

「国家と情報」



福島原発事故の報道災害





政府による言論弾圧が続く。




上杉氏には、おそらく相当な外圧もかかっていると察する。




ジャーナリストは斯くあるべき。



















原子力マフィアに支配された情報最貧国日本。



メルトスルーで、溶けた燃料棒は今なお地­下へ潜り続ける。



なのに、泊原発は営業運転を再開するんだって…何故できるの?




それだけではない、海洋汚染テロ行為による諸­外国からの
賠償請求(1カ国20兆円以上の国際賠償)の事態も待っている。




本当に暗黒国家だ。





マフィアの一角。
記者クラブ広報員はクズですね。
日本に必要ありません!






正しい報道は、自由報道協会で検索。





かわる世界…かわれ世界。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/24-06341349
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。