かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

日本の原発奴隷



日本の原発奴隷
調査報告/原子力発電所における秘密




日本の企業は、
原子力発電所の清掃のために生活困窮者を募っている。

多くが癌で亡くなっている。




これが日本の現実なんですね。




…こんな事が許される世界に、絶望的な憎悪を覚えます。





原発労働者の訴え 続

原子炉の内部。下請け労働者のグループが日本の原子炉内部で働く。
彼らのうち何名かは原発奴隷である。彼らは、何らかの技術的知識が与えられることはなく、
国際協定で認められた最大値の1万7000倍の放射線を浴びている。
撮影:樋口健二




原発労働者の訴え

長尾光明、78歳、多発性骨髄腫に罹患。
東電・福島第一原発で働いた自分の写真を抱える。
撮影:樋口健二





非情な現実の上に成り立っている日本。




これを目にされた方は、どうぞ覚悟してお読み下さい。




【リンク】 日本の原発奴隷
【http://www.jca.apc.org/mihama/rosai/elmundo030608.htm】





小出助教の言われた、
「原子力とは徹底的に他者の搾取と抑圧の上になりたつものである。
その姿に私は反対しているのである」




まさしく、原発とは社会的弱者を犠牲にして成り立っているのです。




…これが日本なんですよ。




こんなバカげた事が、許されるはずがない






かわる世界…かわれ世界。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/18-e39f0239
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。