かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

終わりなき人体汚染




チェルノブイリ事故から5年でソビエト連邦は崩壊。

それは原発事故で國が崩壊した真実。

映像にある当時のキエフ市より東北、関東の汚染は凄まじい現状。

大人の諸事情や建前だけでその地に縛り付けられている人達は、もう時間がありません。

本音を曝け出して前者の教訓に学ぶべきです。

当時の報道では被害の実態は大幅に歪曲され、今なおIAEAやWHOの人口統制機関よって阿鼻叫喚の死者の数は隠蔽され続けています。(実際はこの映像を遥かに凌いでいます)












廻りに流され世間様が平常運転だと思いの方々も、日本政府の崩壊は目前に迫っていると認識して下さい。

日本國政府を一企業だと考えて下さい。
今の日本は利権屋の連中が来るべき終末に向け、道徳や倫理をかなぐり捨て弱者を踏み台に最後に稼げるだけ稼いでる状態と思って下さい。
倒産後(崩壊後)は同胞に降り掛かった災いを誰も責任はとりません。
もちろんそんな輩はその時は既に日本から逃げ出しています。

放射能の前に精神論や根性論は絶対に通用しません。
家族や愛する人達と少しでも早く安心して暮らせる新天地で、無理せず慎ましく暮らす事が最善だと思います。


※ 当時の古い資料がピックアップされています。是非こちらを参考にして下さい
【白ロシア、事故後4年目にして更に100万人が避難】



何度も言いますが、もう時間がありません。
おおよそ「4年後」です。
終末思想の戯れ言だと吐き捨てられる方はどうぞご勝手にと思いたいが、やはり映像を観て考えて直してほしいと思う毎日です。

意識して下さい「今の日本は戦時中だという事を」「逃げるという選択を」明日の為に。





かわる世界…かわれ世界。


Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/166-6265d60d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。