かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

人は居てはならない福島市なんです。




背広を脱いできて下さい。
子どもたちを連れてきて下さい。
肩書を脱いできて下さい。
生身の人間として話合いましょうよ!

命とはそういう問題です。







何度も繰り返し聞いたが「それでも刻々と被ばくしている中でです」って言葉で泣いてしまった。

今この時この瞬間も福島の人達はジリジリと命を削られている。

…本当にどうすりゃいい。





かわる世界…かわれ世界。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/164-eb503294
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。