かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

一部の人間の爬虫類脳は病的な状態に陥っている






イラク戦争は核戦争。

劣化ウラン弾の使用で広範囲に穢されてしまったイラクの地は、その後の新生児の8割が障害を持って産まれた。

福島の汚染はこれを軽く上回る。









関西電力はウランの濃縮過程で出てきた劣化ウランについて、その全量を無償で劣化ウラン弾をつくる関連会社(米国・ウラン濃縮会社 USEC)に譲渡していることを認めています。

イラクの母親の苦しみと日本の母親の苦しみの原因が日本の原発、まさに因果応報とはこの事なのか。

「なす術を失っている」

この言葉は本当にキツイ。





かわる世界…かわれ世界。






Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/163-96a4c6e4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。