かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

福島県民の声






「私たち福島県人は国民ではないのでしょうか?」











原発に批判的な前知事を追い出して、原発推進知事を選んだ民は、いまだにこの穢れ知事に対しリコールもしない。

まずは、穢れ県知事をリコールすることが必至。

そして本当に福島県民の為働く県知事のもと、重度汚染区域からの総民避難を勝ち取ら無ければ福島の惨状は変わらない。

現実は情け容赦なく非情であり、福島は人が住むところでは絶対に無い。

日本國民が同胞の危機的状況を他人事と野放しにするのなら福島県民は終わる、そんな國民なら早晩日本も終わる。

福島市在住穴澤さん(発言者)の悲痛な叫びが一人でも多くの日本人の良心に届くことを心から願う。





かわる世界…かわれ世界。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/159-a1c6f0ca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。