かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

5年後の子供たち




現実に訪れるであろう5年後の福島。

我欲の為に地に落ちた日本人と腐りきった日本政府の為に、数えきれない絶望を目の当たりにする日は近い。

いまだ福島に執着し、へばりつき、まるで放射能など存在しないかの様に生活し明日やってくる未来を想像出来ない知り合いをお持ちの方は、是非この映像を何度も、何度も、泣くまで、そして泣かなくていいも環境に変わるまで観せてあげて下さい。



















救い様のない馬鹿な大人達はもうどうなろうと構わない。

子供の命の前に大人の腐りきった建前は通用しない。

自分の子供くらい死ぬ氣で守ったらどうだ馬鹿野郎。







かわる世界…かわれ世界。





Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/158-1d0985d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。