かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

海水への汚染




海水の汚染拡散シミュレーションです。


これはあくまで予測にすぎませんが、どうぞ左上の経過日数を氣にしながらご覧下さい。












以下はメモ書きです…ご参考までに。


島国日本近郊の海の幸を安全に食せなくなる日が、すぐそこまできています。
それだけには留まらず、広大な太平洋全域すら強烈な汚染に蝕まれ汚染拡散シミュレーションでは、10年経たぬ内に画面が真っ赤に染まります。
フクイチからは、今日も高濃度汚染水がジャンジャン海へ流れ込んでいるのが現状で、この先何年もそれは変わらないでしょうからシミュレーションの認識はまだまだ甘い方かも知れません。

「食べて応援」とか無責任な事を言っている人達が大勢いますが、一日一日、食の選択肢が少なくなる「真綿で首を絞められる」状態が日本人の現実なのです。
本当に知れば知る程、2011年以前の日本へ現実逃避したくなります。


私は氣安めですが、昆布(出汁用)の備蓄をしました。
日本人の味覚、味付けの基である出汁。
この昆布ですらその運命には逆らえないでしょう。
汚染されていない昆布の入手は今ならまだ間に合います。
乾物は管理された環境でしたら、賞味期限後数年は保存が効きます。
昆布は上手く保存が出来れば10年もつとの情報もありました。


私はベジタリアンなので、出汁に鰹節は使いませんが、鰹節も同様未開封の状態でしたら品質は落ちますが、賞味期限後3〜5年は保存が効くそうです。
こちらも御一考なされては…といったところでしょうか。


ちなみに私は、放射能検査管理がなされている下記企業の昆布(2010年採取)を買っています。

【株式会社くらこん】(当社の放射能検査について)という項目があります。


いづれにしろ、早晩事態は深刻化の一方でしょう。
世界で一つに繫がっている海が汚れてしまった事に変わりは無いのですから。




かわる世界…かわれ世界。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/145-d8436c5c
まとめtyaiました【海水への汚染】
海水の汚染拡散シミュレーションです。これはあくまで予測にすぎませんが、どうぞ左上の経過日数を氣にしながらご覧下さい。以下はメモ書きです…参考までに。島国日本近郊の海の幸...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。