かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

嘘であってほしい。





福島集団疎開裁判で分かった悲惨な現状


<3割の子どもの甲状腺に異常>



「福島県では1年足らずで甲状腺の検査で3割以上の子どもたちに健康被害の兆候が出ました。チェルノブイリで同じような兆候が出たのは4~5年後ですから、福島ではよほど高濃度の被曝をしていると言わざるを得ません。しかし、県の医師らは安心して大丈夫だと主張し、セカンドオピニオンを受けたいという希望者に、受けさせないよう医師らに通達を出しているのが現状です。福島はチェルノブイリより7倍の人口密度があるから、98万人以上が亡くなったチェルノブイリより深刻になる恐れがあります。一刻の猶予もならないのです」(柳原弁護士)


ゲンダイネット:http://news.infoseek.co.jp/article/22gendainet000170971




子どもさえ救えない馬鹿な日本人。


『直ちに』の賞味期限切れがやってくる。


窓から見える遊ぶ子ども達の姿…口惜しくて泣きたくなる。




かわる世界…かわれ世界。



Post comment

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。