かわる世界。
「ハチドリの一滴」小さな一歩、そして「かわる世界」

被災地の再建




被災より約1年(11ヶ月)経った現地の瓦礫処理状況です。




瓦礫1



瓦礫2



瓦礫3



瓦礫4



瓦礫5




瓦礫6



瓦礫7



瓦礫8



瓦礫10



瓦礫11



瓦礫12



瓦礫13



瓦礫14



瓦礫15



瓦礫16



瓦礫18



瓦礫17







大部分のガレキ移動は終わってませんか?
その為に支障の無い場所に動かしたのではないですか?
ご存知ないのでしたら言っておきますが、ガレキの現地処理は数年に渡り沢山のお金(雇用)を被災地に落としますよ。
同胞を「非国民」と呼んでまで急ぐ必要が何処にありますか?


何故?何故?何故?何故ですか?
あなたは何に怯えているんですか?
モナ男くん説明願います。






かわる世界…かわれ世界。




Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kawarusekai.blog.fc2.com/tb.php/110-e274a393
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。